トレチノインゲル(黄色いゲル)

トレチノインとはビタミンA誘導体で、元々体内にあるものです。 米国では薬局で販売されていますが、日本では未認可な薬剤です。医師のみが自家調剤および処方可能なものです。

基材は、当院が提携先と作ったオリジナルのジェルです。

作用には以下のようなものがあります。

  • 角質をはがす。
  • 表皮の細胞分裂を早める。
  • 表皮内の色素の排出を促す。
  • 皮脂の分泌を抑える。
  • コラーゲンの分泌を高める。
  • ヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高める。

(注) 使用すると赤くなったり、ぽろぽろと角質が取れてきます。 適度な範囲であれば全く心配ありませんが、反応には個人差があるため、弱い濃度から順次あげていきます。 当院では濃度設定が0.025%から0.4%まで5段階あります。

費用・・・2000円(税別)

ヒドロキノン軟膏(白い軟膏)

ヒドロキノンはメラニン合成を阻害するものです。 すなわち、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。 これは、元々生体内にはないものですので、まれながら、かぶれる方もいます。 また、当院では、安定化させるため、ビタミンCを混ぜています。

費用・・・1000円(税別)

 

トレチノインゲル、ヒドロキノン軟膏の順で色素のある部位に、1日1回塗布します。