公費で行えるもの

公費の書類をお持ちください。
※ お持ちでない方は保健センターに問い合わせして下さい。

  • 麻疹・風疹混合ワクチン
  • 四種混合ワクチン
  • 二種混合ワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • BCG
  • ヒブワクチン 小児肺炎球菌ワクチン(同時接種可)
  • ポリオ
  • 四種混合ワクチン
  • 水痘(みずぼうそう)※公費対象者

任意で行うもの

費用は自己負担となります。

  • 水痘(みずぼうそう) 5500円 ※ 公費対象外の方
  • おたふく 3300円 ※公費対象外の方
  • インフルエンザ 3000円
  • ヒブワクチン 6600円
  • 小児肺炎球菌ワクチン 8800円 (大人の方は接種不可)
  • 麻疹・風疹混合ワクチン 7700円
  • 日本脳炎ワクチン 4400円
  • 四種混合ワクチン 8800円

※在庫切れの場合もあるので、来院前にお電話にてご確認の上、お取り置き(当日のみ)ください。
 事前予約は受けていませんのでご了承ください。

10月1日より、インフルエンザの予防接種を行います。希望の方は、受付までお申し出下さい。

費用は1回3000円となります。

また、10人以上のグループの場合、時間外にて予約接種を行います。ご希望の場合、お電話にてお問い合わせください。

予防接種の知識

ワクチンの種類
  • 生ワクチン→妊娠中は不可(弱毒性の微生物そのもの)
  • 不活化ワクチン(死菌ワクチン)→妊娠中も可(微生物としての活性はない)
接種間隔

副反応が出たときは?
■局所の発赤、腫脹、硬結
  • 発赤・腫脹は3から4日で消失
  • 熱感・腫脹のひどいときには局所の冷湿布
  • 1ヵ月後でもなお残る場合の硬結→放置してよい。
■発熱
  • 冷却、アセトアミノフェン等の解熱剤投与。
  • 他の原因による発熱も考えられるので観察が必要。
■発疹(特に麻疹ワクチン)
  • 麻疹ワクチンではワクチン接種後6から10日に20%に麻疹様の発疹がみられ、時には発熱も伴うが通常放置にて改善する。
■三種混合ワクチン接種後の上腕全体の腫脹
  • 接種部位を中心に上腕全体、ときには前腕までに及ぶ高度の発赤、腫脹が2から3日後をピークにみられることがある。
  • 保存的加療(冷湿布、ステロイドホルモン剤や抗ヒスタミン剤の塗布等) で消退。
  • これまでの例で後遺症はない。
■ポリオワクチン投与後の麻痺
  • 接種後4から35日間に発症する麻痺性ポリオ
  • 発熱、風邪症状の後に上下肢の等の弛緩性麻痺がみられることがある。
  • 専門医の医療機関で加療をうける。
■BCGワクチン後の腋窩リンパ節腫脹
  • ほとんどすべて2から3ヶ月で縮小、消失するので経過観察でよい
  • ごくまれに排膿することがある(0.02%以下)。→抗結核薬の内服、局所塗布を行う

■おたふくかぜワクチン後の耳下腺腫脹、無菌性髄膜炎
  • 耳下腺腫脹は一側性の場合が多く、両側性でも程度は軽く一過性で消退する。
  • 無菌性髄膜炎の場合は入院加療。
■帯状疱疹の予防として、水痘ワクチン接種を行います。