当院では、 各種ピールやレーザー照射などで肌に張りをだす治療を行っています。
ご希望のされる方が多いので、ヒドロキシアバタイト注入も行います。
美容形成クリニックで行うような手術、ボトックス注射などは今後とも行う予定はありません。

1.ヒドロキシアパタイト注入

レディエッセは、カルシウムハイドロキシアパタイトジェルからなっています。
純粋にカルシウムとリン酸からなる、異物反応を起こさないバイオセラミックというものです。

レディエッセは皮下注入のため、深いシワ(特に法令線・ゴルゴ線)に有効で、 外観上は約1年半効果が持続します。
ヒアルロン酸(皮内注入)よりも持続期間が長いこと、新しい組織を作るということがレディエッセの最大のメリットとなります。
欠点は浅いシワなどには、その硬さゆえに難しく、浅い層には注入できないことです。
深いシワやゴルゴ線という限られた適応にはなりますが、法令線などでも深くに注入するために、触っても殆ど分かりません。

レディエッセは骨の代わりに充填できる物質で、これを平滑な微小粒子化し、カルシウムとリン酸の分子として (体内の異物を分解する細胞; マクロファージに)2年から3年で分解吸収されるようにしたことが特徴です。
完全に吸収されたあとも、自己組織が残るという特性も持ちます。
骨欠損に充填すると、アパタイト構造の隙間に骨を作る細胞が誘導され、骨に変わっていく特性がありましたが、 これを骨ではなく皮膚の深い部位に注入した場合は、線維芽細胞(コラーゲンを作る細胞)が入り込み、 コラーゲン新生作用があります(骨にはなりません)ので、 これが残存するということで、効果としては長期に渡って継続します。
但し、自覚される効果としては1年から1.5年ほどの期間になり、 コラーゲンやヒアルロン酸注入と同様、反復治療を要する吸収性注入剤の一種です。

安全面に関しては、深いしわ用の治療法として認可されています。
このあたりは非吸収性注入剤とは大きく異なります。
また吸収性注入剤のような肉芽腫発生というリスクがないということは非常に患者サイドにとって安心と言えるでしょう。

重要なポイントで、レディエッセは唇や額、目の下には使用できません。
赤黒くなったり、凹凸が目立ってしまいます。
あくまで、深い部位の注入の変化が主となります。

レディエッセ注入 (1,5ml)・・・5万円(税別)※ 完全予約制
院長ブログ・・・こちらへ

2.ギャラクシー(Galaxy)

アメリカのFDAの認可のとれた安全性・効果の承認が得られた医療機器。
ダイオードレーザーとRF(ラジオ波)を組み合わせた新しい美肌治療法により、お肌を引き締めて、しわやたるみを改善してハリを蘇らせます。
皮膚を氷点下温度(マイナス5℃)で保護できるため、照射後に腫れや皮膚が赤くなるなどの皮膚へのダメージがありません。


3.Cオペラ(CRYO-OPERA)

3in1システムが搭載された優れた治療器です。
①Cryo(クライオ)の温冷治療の温冷治療で、医療・スポーツの分野でも、皮膚の機能回復を早める治療としてその効果が認められ、多くの美容業界でも使用されています。

②Electroporation(エレクトロポレーション)の導入治療により、電気パルスにより皮膚に直接穿孔を行い、ヒアルロン酸やコラーゲン、トラネキサム酸、ビタミン類など、分子が大きすぎてイオン化できない物質も、その構造を破壊することなくお肌の角質層に浸透させます。

③Sono・Phoresis(ソノフォレーシス)の超音波治療で、超音波による微細な振動を与えることにより、皮膚の細胞と細胞の間に空洞化現象を発生させます。そのため一時的に構造的な変動を起こしますが、その際に有効成分が深部まで浸透しやすくなります。


4.レチノイン酸

ヒアルロン酸の分泌を高め、 肌をみずみずしくします。
真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には肌のはり、小じわの改善をもたらします。
詳しくは、美白剤のページへ

治療ををご希望の方は、まずお電話頂き、予約をお願いします。
野口皮膚科医院 予約ダイアル 090-2910-1211 0276-60-1211